« 続 三社大祭 | トップページ | ターシャ・テューダーさん »

続 続 そしてラスト

最終日は、稲荷神社の宮出からスタートdash

その後、清龍神社に移動して・・・・・・今日も歩くshoe歩くshoe

そして、今日も晴天sun

日傘と日焼け止めクリーム、日焼け止めの手袋が必需品ですscissors



午後からは、やなぎ通りで

クライマックスの稲荷神社と豊受神社の御渡sign01

東西線方面から下ってくる信じられない数の人たちの洪水wave

6車線のうち4車線を規制してるのに、御渡の人たちは

膨らみ続けて、”マイダマイダ”の絶叫とお囃子。

山車と神輿、合わせてどのくらいの数だったんだろう?

恐ろしいほどの人の流れの中でも

次から次へと、威勢よく目の前を通過していく。

このまま、いよいよラストの宮入に向かってます。



私達は、ちょっと先回りして、豊受神社の境内を目指しますdash



ほぼ予定通りに夜の7時から宮入。

ここが本当のクライマックスだったのかなぁ・・・

感動して、とっても心があったかくなる素晴らしい宮入だった。

私には上手に表現できそうもないので、

興味がある方は、4年後の浦安の三社大祭を

是非、見てくださいsign03



”浦安って、いい街だねぇ・・・・・・”とつぶやきながらの帰り道。

ディズニーや、舞浜・新浦安の進化で有名になちゃってるけど、

この元町の人たちの気質や伝統の力強さに圧倒された3日間。

あらためて、浦安が好きだぁーnote

・・・・と叫びたくなる衝動に駆られたよscissors



最後にね。

お神輿の追っかけやってる3日間、

数々のモーレツな場面に遭遇したので、

ひとつひとつレポしたいとこだけど、

ここは心の中に思い出としておさめておきましょうsecret

ただ、ひとつclip

お神輿を担いでる人たちの肩にできた巨大なこぶのことは

ブログに書きたかったsweat01

大人の男性のこぶしくらいのこぶpunch

あんなの見たことないっbomb

なのに、どの人もまぶしいほどの笑顔なのshine

ここが、お祭りの心臓部なんだろうね。

ハードだけでは何も生まれない。

人の思いというソフトの部分があってこそ感動が生まれる。

|

« 続 三社大祭 | トップページ | ターシャ・テューダーさん »

「お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80674/41550552

この記事へのトラックバック一覧です: 続 続 そしてラスト:

« 続 三社大祭 | トップページ | ターシャ・テューダーさん »