« 恐縮につき・・・・ | トップページ | 桜満開 »

松岡美術館

白金台へお出かけ。

松岡美術館に行きました。

月例の美術の鑑賞・・・・・・なんちゃって(笑)

芸術には何の造詣もないので、勝手な感想を言い合って、

その後のランチが楽しみなのです。

そんな私たちでも、美しいものに触れた経験は

多少、身となり肉となるのでは?と。


でも、松岡美術館の美術品は私好みでした。

展示品は多岐にわたってましたが、

特に、中国・インドの仏教に関する品々に惹かれる。

ひとつひとつが繊細で、精密で、

ひとつ見るごとに本を一冊読み終えたような奥深さ。

京都でも毎度、同じことを思います。

いい意味でも、悪い意味でも、

宗教は人を支配するものなんだなぁ・・・・と。

手のひらサイズのものから、

巨大な建造物まで、

深い信仰心と情熱で作り上げられてる。

今、少なくとも私にとって宗教は、芸術だったり、

癒しってくらいかな。

でも、みなぎるパワーは何千年経っても、

そんな私にでさえ感動をくれるのだから。


白金台でランチして、

六本木にでも移動しましょう!と乗った電車が

南北線のつもりだったのに、何故か都営三田線(笑)

あららっ・・・・・・

では、行く先を急遽、日比谷に変更!

お散歩は行き当たりばったりがいいのね(^^)v

日比谷で下りた後、ぷらぷらと丸の内まで歩く。

今、丸の内はチューリップがいっぱい。

Cimg1823

Cimg1824

東京って不思議な街だと思う。

ちょっと電車に乗って移動したら、たちまち様子が変わる。

パッチワークに例えると、

京都は、多少、色味や素材が変わっても、

だいたい和のモチーフだとして、

東京は、国産やら異国のあらゆる布が集められて、

何の脈絡もなく、次から次へとつながってる感じ。

それぞれ強い個性と信念で。

個人的に、私は再開発地域ってのが苦手で、

空を仰ぎ見る高さでなく、

目線の高さでぐるりと見渡す街がいいかなぁ~。

だから、白金台は好きでした。


最後、お茶して、

友達とも”じゃ、またね!”と別れる。

この日は、ここでは終わらなかった・・・・・

大手町の駅に行ったら、

またしても、東西線が動いてない(TT)

架線にビニールがひっかかったらしい。

で、復旧のめどがつかないらしい。

何、それ?

ありえなぁーーーーーーーいっ!!


腹立つ!とか、どうしてくれるの?とか・・・・

すべての気力を失って、

はるか向こうのJR京葉線まで歩いて、

大回りの帰路。

やれやれ。

|

« 恐縮につき・・・・ | トップページ | 桜満開 »

「お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80674/14435878

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡美術館:

« 恐縮につき・・・・ | トップページ | 桜満開 »